Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ふぉ撮る。

写真を撮ることが好きな人が書いてるブログ。好物は山岳。

【登山】名峰達を一度に望む!「三つ峠」に登ってきました。

峰達が一度に!
f:id:Kyo_Ichikawa:20170423214047j:plain




今回の山は? 

f:id:Kyo_Ichikawa:20170423214436j:plain
2017/4/23(日)
今回は山梨県にある「三つ峠」に登ってきました。
山頂の標高は1793m。
ネット等でもよく見かける人気の山、
これは気になるということで出かけてまいりました。
なにやら登山のアニメ?にも登場したらしいのですが、
あいにくそのあたりの知識は持ち合わせておらず楽しむことができませんでした…。
機会があれば見てみます!





工程


 <工程>
【登り】三つ峠グリーンセンター~達磨岩~大曲り~股覗き~馬返し~八十八大師~屏風岩~三つ峠山荘~三つ峠山頂
【下り】三つ峠山頂~三つ峠山荘~屏風岩~八十八大師~馬返し~股覗き~大曲り~達磨岩~三つ峠グリーンセンター

あ、最近「Suunto Traverse」をきちんと使おうと思っていろいろなことを試してます。
今回は撮ったログをGPXにて出力して上のように工程表示してみました。
いろいろできるんですねぇ…これ。




登山開始

f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211035j:plain

先週の乾徳山に続き、今回は同じ山梨県にある三つ峠へ。
この日の天気は晴天。
絶好の登山日和です!
スタートはこちら、「三つ峠グリーンセンター」。
登山道入り口付近も車が止められますが、
確実なこちらからスタートすることにしました。
ちなみにここから登山道入り口までは約2kmです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211149j:plain

途中、山の神を祭る「山祇神社」があります。
道中の安全を祈願してお祈りしていきます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211225j:plain

山祇神社近くの看板。
ここから山頂まで約4.2kmだそうです。
ちなみに高低差は約1200mとそれなりにあります。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211253j:plain

へんてこりんな建物を発見。
…なんだこれは?
と思ったらトイレでした。
三つ峠型というのでしょうか…不思議。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211439j:plain

しばらく同じような舗装路を進みます。
勾配も大したことなくのんびり散歩気分で進むことができます。
途中には桜がたくさん植えられた公園が。
この日は桜が満開でした。
飽きることなく楽しみながら進むことができました。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211519j:plain

舗装路が終わりいよいよ登山道が始まります。
小さな橋を渡り、いざ進みます!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211541j:plain

と、いきなり「達磨岩」に到着です。
実は古くから信仰の山と知られている三つ峠
この達磨岩に刻まれているデザインは、
三つ峠中興の祖とされる空胎上人という方がデザインし、
その後継者である三世安西和尚という方が立てたと云われているそうです。

ちなみに、三つ峠の玄関口ともいえる「三つ峠駅」構内に、
この達磨岩のレプリカがあるそう。
凸凹具合など、かなりそっくりらしいのでお出かけの際は是非チェックしてみてください。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211612j:plain

登山道を進みます。
やはり人気の山ということもあり、
登山道整備が行き届いている印象。
とても歩きやすいです。
勾配もきつい箇所なく楽しく登ることができます。
早々に「大曲り」に到着。
あまりにもさっぱりとしているので、
うっかりしてると気付かない可能性大。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211628j:plain

三つ峠で有名な「股覗き」に到着。
どうもこの木が足のようになっていて、
そこを除くから股覗きということらしい。
何故ここを除くかというと…?





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211650j:plain

富士山が見えるんです。
ホントはね。
この時はあいにく雲が出て見えず…。
毎日富士山を見ている静岡県民なのに、
悔しさを感じてしまうのはなぜだろう?





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211715j:plain

ここから勾配も緩やかになってきました。
周囲の風景を楽しみながらのんびり進みます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211734j:plain

「馬返し」に到着。
これ以降、道が険しくなるので馬で来た人、
馬は引き返して歩いて進んでね。
という意味なんだそうです。
確かにスペース広めに感じます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211825j:plain

そしてこのベンチからも富士山が見えるんです。
ホントはね。
先ほどと違い今度は上の部分に雲がかかってしまってます。
なんか悔しいな…。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424211858j:plain

ここからまた登りとなります。
次第に岩も多くなってきました。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424212049j:plain

突然、たくさんのお地蔵様が現れました。
こちら「八十八大師」というそう。
ただ、現在は八十一体のお地蔵さまがが現存されているとのことです。
残念ながら数える時間はありませんでした。
余裕のある方、ぜひ検証してください。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170424212147j:plain

先を進み、「親不知」に到着です。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424212238j:plain

ここからガレ場となりますのでお気を付けください。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424212332j:plain

かなり…ガレてます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424212402j:plain

ここからはなかなか楽しい道が続きます。
写真のような橋もいくつかかかってますがどれも不安定。
とはいえ、落ち着いていけば全く問題はありません。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424212427j:plain

愛宕尊」に到着。
元山小屋っぽい雰囲気が漂います。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424212739j:plain

しばらく進むと大きな岩場が見えてきました。
そしてなにやらにぎやかな声が聞こえます。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213054p:plain

カーブを曲がると突然人だかりが!
どうやら皆様クライミングに挑戦される様子。
突然のこんにちは!の嵐、不意を突かれて噛んじゃったよ。
山で気を抜いては行けませんね。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213210j:plain

ここが「屏風岩」です。
写真のようにたくさんのクライマーさんたちがいらっしゃいました。
三つ峠はクライミングのメッカでもあります。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213110p:plain

よーく見るとかなり高いところまで登られている方も。
皆さますごい。
ライミング未経験の私はただただ驚くばかりです。
いつか挑戦してみたいけど、ちと怖いかな。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213237j:plain

ということで、クライミング技術のない私は己の足を駆使して山頂を目指します。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213257j:plain

ここで分岐点が登場。
左に進むと「三つ峠山荘」へ。
右に進むと「四季楽園」へ出ることができます。
四季楽園方面の階段がかなり損傷していたので、
今回は三つ峠山荘方面へ進みました。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213315j:plain

山頂を目指しながら屏風岩を望みます。
うーん!これを登るとは…
クライマーさんはすごいっす。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213433j:plain

ようやく「三つ峠山荘」に到着!
魚眼レンズのまま撮影してしまったので歪んでます。
三つ峠山荘の先からは…?




f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213525j:plain

出ました!富士山です!
ここ三つ峠山荘前からはとてもきれいに見ることができます。
普段と違う角度から見る富士山は…新鮮です。
がやはり静岡側のほうがしっくりくるな。
ともあれ今日も雄大なお姿ですね。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170423214731j:plain

三つ峠山荘から少し行ったところにてお昼休憩を取ります。
やはり人気の山ということでそれなりに人がいらっしゃいました。
しかし天気がいい!
まさに登山日和ですね。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424213953j:plain

お天気が良かったので、四方の山々を見渡すことができました。
中央アルプス南アルプスもばっちり確認。
日本第二位の「北岳」もくっきりでした。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214143j:plain

そして「八ヶ岳」。
まだまだ白い山頂、春とはいえど、まだまだ残雪期ですね。
テン泊目的地はどうしよう…。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214352j:plain

休憩を取ったら、さあ山頂に向かいましょう。
三つ峠山頂にはとても大きなNHKの電波塔があり、
他の山とはちょっと違う雰囲気が漂っています。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214523p:plain

こちらはもう一つの山小屋「四季楽園」。
ちなみに私、登った山のバッジをあつめているのですが、
三つ峠山荘と四季楽園とでは販売しているバッチのデザインが異なります。
私は四季楽園にて購入しました。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214605j:plain

四季楽園前のベンチからは屏風岩を望むことができます。
利用料をきちんと払いましょうね。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214827j:plain

山頂を目指します。
四季楽園から山頂までは約15分ほど。
そこまで急な箇所もなくのんびり登ることができます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214858j:plain

気になるNHKの施設。
ここは中継基地だそうです。
そして写真のこれ。
看板…?と思いましたが、これは電波反射板というそうです。
なるほど、電波を反射させてまた送るから中継基地というわけですね。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214906j:plain

しかし、山頂に大型の人工物があるとちょっとテンション上がりますね。
なんか秘密基地っぽい。
私だけですかね…?
さあ、いよいよまもなく山頂です!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424215051j:plain

無事到着!
標高は1875mです。
山頂はあまり広くなくこじんまりとした感じでした。
しかし…人が多いです!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424214946j:plain

岩で作られた山頂の標識。
人が多く皆様写真を撮られるため大人気です。
空くまでだいぶ時間がかかりましたがなんとか収めることに成功。
逆光気味だけど…。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424215004j:plain

山頂からももちろん富士山が見えま…
あ、でもちょっと見えてますね、セーフ!
山中湖や河口湖、西湖など周辺の湖も見渡すことができます。
絶景ですなー。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170429064857j:plain

今回の同行レンズは
Sigma 15mm f2.8 DIAGNAL Fisheye」と、
NIKON AS-F NIKKOR 24-120mm f4/G ED VR」の2本。
Sigmaは今回は登山デビュー戦。
やはり軽くてとてもよいです。
魚眼ということで周囲の湾曲がありますが、
それはそれで山でも使えそうな感じ。
今後も積極的に山に連れて行こうと思います。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424215313j:plain

そういえば山小屋付近にたくさんのジープがあったんですよね。
走れそうなものもあればダメそうなものもあったり…
ここまでどうやって来たのでしょうか?
気になります。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170429070158j:plain

山頂登頂も済ませ、のんびりとしながらふと時計を見るとなんと14:00!
のんびりしすぎた!
日の入りが遅くなってきてるとはいえ、早めの下山は登山の鉄則!
慌てて下山します。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424215609j:plain

屏風岩付近ではいまだクライマーの方々が登られてました。
ここまで登ってきて、クライミングして降りられるのでしょうか?
皆さま日ごろきちんと鍛えられてるんでしょうね!
私も見習わなくては!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170429071340j:plain

帰りは早く16:00ごろ、
無事「三つ峠グリーンセンター」に到着しました。
こちらは温泉施設もあったりと、かなり充実しているそうです。
登山道近くにこういう施設があるとうれしいですね!

mitsutoge.jp

ともあれ今回も無事に登山終了!
お疲れさまでした!





感想

f:id:Kyo_Ichikawa:20170429072006j:plain

ネットで「登山」と検索すると必ず出てくる三つ峠
ちょっと軽めかなと思いきや、そんなことはありませんでした。
そりゃ高低差1200mですから、当たり前ですね。
とはいえ、登山道は整備がきちんと行き届いており(ガレ場以外)、
とても歩きやすくあまり疲労間を感じることもありませんでした。
そして山頂付近からの景色!富士山はもちろん、有名な山々を見渡すことができます。
コース的にも登山始めたての方におススメです!
GWの日帰り登山候補にぜひ!
混みそうだけどね…。






サマリー



f:id:Kyo_Ichikawa:20170429073658p:plain

【ニュース】「乗鞍新登山道2017整備」の支援リターン品にSUUNTO Traverseが!

うせ買うなら支援しちゃおう!
f:id:Kyo_Ichikawa:20170425183619p:plain





Suunto Traverseは人気者!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170425201330j:plain

相変わらずぐだぐだな内容で日々更新しております当ブログ。
しかしながらこんなブログでも見てくださっている方もいらっしゃるわけで、
いやはや本当にありがとうございます。
そんな当ブログのアクセスランキング上位の記事というのが、
「Sunnto Traverse」関連の記事なんです。
やはり皆様Suuntoの時計が気になっていらっしゃるのですね。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170424054137j:plain

購入して間もなく約8か月が経過しましたが、素直に買ってよかったと感じてます。
アクティビティの記録と可視化ができるのは楽しく、
そして今後のトレーニングの参考になります。
あと、相変わらずSuunto Movieは自己満足度高し…
とにかく本当にお気に入りです!






さあ、検索でたどり着いた悩める皆様!

欲しいと思った時が買い時!買っちゃいましょう!

そんなSuunto Traverseが気になる貴方に耳寄りなニュースです!







乗鞍新登山道を支援して、
Suunto Traverseを手に入れよう!


f:id:Kyo_Ichikawa:20170425184556j:plain


ということで今回ご紹介するのはこちら。
「乗鞍登山道整備2017」というクラウドファンディングです。

www.makuake.com




f:id:Kyo_Ichikawa:20170425185640j:plain

具体的には…
北アルプス中央に位置する「北アルプスの十字路」と呼ばれる平湯温泉から乗鞍岳をつなぎ、
平湯温泉下山口という新しいバス停までの15km区間に新たなる登山道を作るというもの。
平湯温泉をスタートして焼岳や笠ヶ岳
そして西鎌尾根沿いに槍ヶ岳を見ながら進むことが出来る登山道となる予定だそうです。





あれ?去年も確か…?とお思いの方、さすがです。


f:id:Kyo_Ichikawa:20170425185046j:plain

実は昨年もクラウドファンディングに登場しておりました。
昨年度は大成功を収められたようで、
今年はさらにグレードアップして帰ってこられました!






協賛企業がとっても豪華!
f:id:Kyo_Ichikawa:20170425190118p:plain

今年の協賛企業はこちら。
登山、アウトドア界では有名なお名前が並んでいますね!

よーく見てみると…?

なんと我らがSuuntoの文字が!
そうなのです、今年はSuuntoも協賛企業として参加されるのです。





気になるリターンの内容は…?



f:id:Kyo_Ichikawa:20170425195047j:plain


さて、クラウドファンディングで支援内容の次に気になるのは…?
そう、リターンの品々ですね。
リターン品は金額によって変わりますが、
もちろん、現地で実際に登山道整備に携わることができるプランもあります。
今年は7/14に整備の予定とのこと。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170425195643j:plain

今年は階段を作るべく、支援金で材料を購入されるそうです。
さらに、なんと…





f:id:Kyo_Ichikawa:20170425200006j:plain

その材料に自分の名前を彫ることができるそうです!
これは貴重な体験ですね!
もちろん、このほかにも登山道整備を行ったり、
バーベキュー懇談会があったりととても楽しそうです!





当日参加できないよ!という方でも大丈夫!
支援だけのプランもたくさん用意されています。
種類が多いので…詳細はサイトをご覧いただくとして、
その中でも気になるのがこちら。

www.makuake.com



f:id:Kyo_Ichikawa:20170425194454p:plain

58000円のコースになんと「Suunto Traverse」が!
詳しく見ると…?

1)SUUNTO TRAVERSE グラファイト
2)SUUNTO マグカップ
3)SUUNTO スポーク
4)SUUNTO ステッカー
5)登山道整備記念ステンレスマグカップ
6)登山道整備記念速乾性Tシャツ
7)Columbiaエコバッグ
8)Columbiaタオルホルダー


f:id:Kyo_Ichikawa:20170425194911p:plain

ちなみに、「Suunto Traverse」の定価は62,640円。
さらにオリジナルグッズがもらえて新登山道への支援まで出来るとなると…
これは大変お得なのではないでしょうか?
また、リターン品の「Suunto Traverse」の色も選べるそうです。
お店で買うよりも断然満足感を得られるはず!
Suunto Trverse」購入を検討の方!
ぜひこの機会にいかがでしょうか?





f:id:Kyo_Ichikawa:20170425183619p:plain


そして乗鞍新登山道支援。
私も支援しようかと思案中です。
山登りの際に利用させていただいている登山道は、
どなたかが苦労して整備してくださった道であります。
使わせていただいてばかりの我々が恩返しできる貴重な機会ではないでしょうか?
皆さまもよろしければぜひご参加くださいね!

www.makuake.com

【登山】岩場が楽しい!鎖場練習に最適な「乾徳山」に登ってきました。

きです、鎖場。
f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215323j:plain
 
 
 

今回の山は? 
f:id:Kyo_Ichikawa:20170418220316j:plain

2017/4/15(土)
山梨県にある「乾徳山」へ登ってきました。
山頂の標高は2031m。
日帰りで行けるよさそうな山はないかな?と探していて見つけたこちら。
なんでも超エキサイティングな鎖場があるらしい。
これは気になる…ということで登ってきました。
 




工程


 <工程>
【登り】乾徳山駐車場~徳和峠~道満山~月見岩~乾徳山
【下り】乾徳山~水のタル~国司が原~乾徳山登山道~乾徳山駐車場


 
 

登山開始
f:id:Kyo_Ichikawa:20170419205658j:plain 
静岡県の自宅を5時半に出て7時半ごろ到着。
いやね、静岡と山梨って近いようで実は遠いんですよ。
高速的なものもないので、下道で山も越えないと行けなくて…まあなかなか不便なんですよね。
この問題さえ解決すればアルプスやら八ヶ岳にも行きやすいのに。

あ、愚痴ってごめんなさいね。

到着した段階では車も数台しか止まっていない状態でした。
登山道へ向かう際に気が付いたのですが、
近くには臨時駐車場と書かれたテニスコートもありました。



f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215447j:plain

駐車場脇には素敵な鳥瞰図が。
絵がうまい方はホントにうらやましい。
私の絵心なんて…

www.for-toru.com

まあいいんです、そんなことは。
今日は楽しい山に来ているんですから。
  
  
  
  
  
f:id:Kyo_Ichikawa:20170419061013j:plain

準備体操等、支度を済ませて出発です。
時刻は8:00丁度。
この日は午後から天気が崩れるかも?との予報。
天候を意識しながら進みます。
 
 
 

 
f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215458j:plain
 
まずは駐車場から徳和峠を目指します。
しばらくはこのような舗装路を進みます。
どことなく、田舎に帰ったような雰囲気が漂います。
こういうところで一人のんびり暮らしたい。  
 
 
 
 
f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215509j:plain

道なりに進むと、害獣よけの柵にぶつかります。
ここを開けて進みます。
飲んだら乗るな!
開けたら閉めろ!
 
 
 
 
 

f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215556j:plain

いよいよ、ここから登山道です。
徳和峠を超えると勾配が急にきつくなります。
しかも登山道は枯れ葉だらけで滑ります、注意。
思ってたよりも急登でちょっと焦りました。
 
 
 
 

f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215627j:plain

ちょっと開けたところに到着しました。
看板がありますね、なになに?
 
 
 
 
 

f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215649j:plain

う〜ん、読めないっす。
文字数から推測するに、どうやらここが「道満山」のようです。
山というよりは休憩所といった雰囲気。
ここで小休憩を取ります。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215726j:plain

さあ、出発です。
道満山を過ぎてからはこのように平坦な道となります。
歩きやすい!
…のもつかの間、この後また登りが始まりました。
 
 
 

f:id:Kyo_Ichikawa:20170418215848j:plain

このあたりから赤テープがとても小さかったり、
感覚が広かったりと見つけづらくなってきました。
皆さまご注意ください。
周りもだんだんと岩が多くなり、
エキサイティングな姿がちらほら見えてきました。 
  
  
  
  
 
f:id:Kyo_Ichikawa:20170419061135j:plain

と、急に開けたところに出ました。
あまりにも唐突だったのでちょっとびっくり。
しかしながら、草木の雰囲気から少し寂しさを感じます。 
夏はきれいなのでしょうか?
機会あれば再訪してみたいです。
  
  
 
 
 
f:id:Kyo_Ichikawa:20170419061431j:plain

そんなこんなで扇平に到着です。
ここまで約2時間。
しかし、看板の標高と私の「Suunto Traverse Alpha」との差がひどいですね。
キャリブレーションすれば直るのかな?
Suunto Traverse Alpha」を購入して半年以上立ちますが、
いまだに使いこなせてないです。
 
 
 

 
f:id:Kyo_Ichikawa:20170419061357j:plain

扇平には「月見岩」という大きな岩があります。
この上に寝転がって月を見たら気持ちいいだろうなーと思いつつも、
夜ここに一人でいたら怖いだろうなーと思ってしまいます。
どうやら自分にはできそうにありません。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170419214914j:plain

近くには「手洗い岩」という岩もあります。
事前情報では「岩に水がたまっていて手が洗える」なんて書いてありました。
せっかくなので洗っていくか~





f:id:Kyo_Ichikawa:20170419215202j:plain
やっぱやめときます。
水というのは雨水なのでしょうか?
ともあれこちらで手を洗わせていただくことはなさそうです。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170420060229p:plain

扇平を過ぎると残雪が。
この辺りは日が当たらないのでしょう。
なんとかアイゼンなしで進みましたが、
まだまだ持ち歩いたほうが賢明です。
これ以降、山頂付近までこのような状態でした。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170420060256p:plain

と、ここで最初の鎖場が登場。
約5メートルくらいでしょうか。
序盤ということもあり難易度は低め。
やってやるぜ。







f:id:Kyo_Ichikawa:20170420060427j:plain

無事に鎖場を通過しました。
と同時に視界が開けこの景色。
かなり登ってきましたね。
ガスってきたしお天気がやや心配…。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420060444j:plain

先を急ぎましょう。
と振り返ると第二の鎖場がお目見えです。
先ほどのものよりもやや長くて急です。
これは面白くなってきました。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170420061350p:plain

なんとかクリア…と思いきや、
まさかの鎖乗り換えが。
油断すると落ちますのでご注意を。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420060704j:plain

かなり標高が高くなってきました。
相変わらず岩がごつごつしてます。
さあ、あと一息です!




f:id:Kyo_Ichikawa:20170420213110j:plain

近くにはクライミングされている方々が。
お気を付けください。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420060716j:plain

そしてここ、「鳳岩」を超えると頂上です。
ここにある鎖場が乾徳山の名物。
ほぼ垂直の鎖場を登り山頂へと向かいます。







f:id:Kyo_Ichikawa:20170420060828p:plain

気合を入れて、いざ勝負。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420061113p:plain

三点支持を意識して登ります。
岩の隙間にうまく足をかけて登ればそれほど難しくはありません。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420061226p:plain

あとすこし…!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420205859j:plain

無事登頂です!
お疲れさまでした!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420205907j:plain

やや曇り気味のお天気ですがそれでも周囲の山々を見渡すことができます。
私、奥秩父山塊の山々はいまだ未開拓なので胸が高鳴ります。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420214040j:plain

遠くに金峰山の五条岩らしきものが見えます。
まだ雪がすごいですね。
昨年のGWに登ったのでもうすぐ1年ですか…。
月日が経つが本当に早い。

www.for-toru.com

そんなことを考えながら昼食を取ります。
しかしこの間にもだんだんと天気が怪しくなってきました。
本当はもう少しゆっくりしたかったのですが…
残念ですが早めに下山することにしました。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170420221635j:plain

帰りは別ルート、水のタル経由にて下ります。
と、途中の看板をみて愕然。
ガレ場の急下降ですと…?
このあたりでもすでに雪が残っている状態。
それに加えてガレ場かつ急下降は危険か?
引き返すべきか迷いましたが、
すでに私の前にも数組のパーティが進んでいたので
私も進むことにしました。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170420222521p:plain

…やはり危険!
それなりの下り&ガレ場。
さらに残雪はまだ凍った状態でとてもつるつるです。
周囲の木を使ってゆっくりと下っていきました。
ここでかなりの時間を消費してしまいました。
しかし、何もなくてよかった。
このあたりの判断能力がまだ欠けてます。
反省です。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420223302j:plain

ようやく恐怖の区間から解放されました。
いやはや、一安心です。
高原ヒュッテを目指して進みます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420223353j:plain

なにやら視線を感じるな…と見回すと鹿の集団が。
日常的に野生の鹿を見たりしてますが、
森の中でばったり出会うとちょっと怖いですね。
軽く会釈してそのまま進みます。
この日、
「鹿の通った後は虫が異様に飛んでる」ことを初めて知りました。
あと、獣様臭い。当たり前ですね。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170420223526j:plain

無事に高原ヒュッテに到着です。
ここは無人の避難所。
バイオトイレもありますので休憩にはちょうど良いところです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170422081929j:plain

先の分岐点にて。
乾徳山はいろんなところに分岐があるので、
様々なルートを組むことができます。
プランニング含め、なかなか初心者さんにはいいのではないでしょうか?
ここを徳和方面へと進みます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170422075733j:plain

途中、「錦晶水」にて休憩。
天然水湧き出る水場です。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170420223522j:plain

なかなか元気がいいじゃねーか!
冷たくてとてもおいしかったです。
これからの季節、水場をうまく活用していかないといけませんね。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170422075606j:plain

その後、特別危険な箇所もなく無事登山道入り口に到着しました。
お疲れさまでした!




感想

f:id:Kyo_Ichikawa:20170422083220j:plain

ということで、山梨県は「乾徳山」に登ってまいりました。
多彩なルートと鎖場はまさに初心者さんにうってつけではないかなと感じます。
鎖場自体もそこまで危険ではありませんので恐れる心配はないかと思います。
低山を何度か登ったうえで岩場練習等の目的で登られるのがいいのかなと感じました。
あ、あと手袋されてない方をお見掛けしました。
皆さまお忘れ物にはご注意ください。

f:id:Kyo_Ichikawa:20170420223355j:plain

実は今回こっそりと
TAMRON 15-30mm F2.8」を持って行ったのですが、
あいにくの天気で出番はありませんでした。
しかしやはり1.1kgは重い!
フルサイズが…重いっ!




f:id:Kyo_Ichikawa:20170422085314j:plain

今回気になった撮影箇所は「扇平」周辺でしょうか。
草木が青々と茂る季節はとてもきれいそうです。
ここは季節変わってからぜひ再訪してみたいと考えてます。





鎖場が印象的なそのほかの山
www.for-toru.com