【撮影機材】Sony α7SⅢ、はじめました。

f:id:Kyo_Ichikawa:20220403145847j:plain

Sony α7SⅢがやってきました。





スポンサードリンク


Sony α7SⅢがやってきた

f:id:Kyo_Ichikawa:20220403150302j:plain

カメラネタです。
Youtubeでは先にお伝えしたのですがSony α7SⅢがやってきました。
今後はα7Cに任せていた動画撮影などをメインに使用していきたいと考えています。
ちなみにα7Cは手放しませんのでα3台体制となります。
今回はざっくりとした感想などをご紹介します。




スペック

f:id:Kyo_Ichikawa:20220403163119j:plain

仕様        
レンズマウント Eマウント
撮像素子 35mmフルサイズ (35.6 x 23.8mm)、Exmor R CMOSセンサー
カメラ有効画素数 約1210万画素
総画素数 約1290万画素
アスペクト比 3:2
AF検出方式 ファストハイブリットAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
検出素子 Exmor R CMOS センサー
測距点数 35mmフルサイズ時: 759点 (位相差検出方式)、425点 (コントラスト検出方式)
検出輝度範囲 EV-6 - 20
ファインダー 1.6㎝(Quad-XGA OLED)9,437,184ドット
ファインダー視野率 100%
ファインダー倍率 約0.9倍
液晶型式 7.5cm (3.0型) TFT駆動
液晶ドット数 1,440,000ドット
外寸 約128.9 x 96.9 x 69.7mm (グリップからモニターまで)
質量 約700g(バッテリー・カード含)

※詳細はメーカー様HP参照ください。

www.sony.jp




外観

f:id:Kyo_Ichikawa:20220403152813j:plain

見た目や大きさはα7RⅣとほとんど変わらず。
ぱっと見で気づかれることはなさそうです。
これSony機のいいところよね。
※ちょっとRⅣの方が大きく見えるのは前に出てるからです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20220403164716j:plain

α7Cと並べたら…まぁさすがに違いが分かりますね。
こうしてみるとそこまで小さくないと思ってたα7Cもなかなか小さく見えます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20220403145550j:plain

外観で一番の注目点はやはりバリアングル液晶。
バリアングルはα7Cでも動画撮影時大変に重宝していました。
α7Cと違いα7SⅢはしっかりとしたグリップもあり大変に動画撮影しやすそうです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20220403153251j:plain

ボタン関係見るとC1ボタン位置がRecボタンとなりました。
変わりにC1はAF-ON横に移動です。
従来Recボタンはカスタマイズ不可でしたが、
α7SⅢ以降お好きな機能割り当て可能となりました。
これ新メニュー機のみ対応というわけではなくα7Cも設定可能です。



ソフトウェア・メニュー画面

f:id:Kyo_Ichikawa:20220403160516j:plain

その新メニューについて。
α7SⅢ以降、メニュー画面が新画面へと移行しました。
(BIONZ XR搭載機から)


従来左右でカテゴリを上下で項目をというものだったものが、
カテゴリを上下項目を左右にというものになりました。
新メニューの方が使いやすいです…が、
やはりマイメニューやキーカスタマイズで追い込まないといけないのには変わりないです。
何も設定せず使うと…いうのは今も昔も変わらずという印象。
ただし処理能力が向上しているようでサクサクと動くので旧メニュー機よりもイライラすることはないかも。
α7SⅢ触った後にRⅣ触ると…もっさり感あります。
またメニュー画面に色もついたので色ごとに覚えるとすぐに飛ぶことが出来てわかりやすいのかも。


以前新メニュー搭載機であるα7Ⅳを発売前に少しだけ触らせていただきましたが、
その時には知ることが出来なかった機能がいくつかありました。
その中で個人的に一番嬉しかった設定項目が「静止画/動画独立設定」。
これは撮影設定(絞り・ISO・露出補正・SS・ピクチャープロファイル)の中で、
静止画/動画それぞれにて設定を共有するか否かを個別に選ぶことが出来ます。


例えば動画撮影時はピクチャープロファイルを選択しておきたいけど写真時は不要という場合、
ピクチャープロファイルはそれぞれ独立するように設定すれば、
モードを切り換えた際にも引き継がれることはありません。
また前回のモード設定を記憶してくれます。


従来機はすべての設定が共通となっていたため不便感じることが多々ありました。
Sony機はピクチャープロファイルが設定されている状態だと写真撮影時ブラケット撮影を選択できません。
このため動画と写真撮影時には毎回切り換えなければならずかなり不便を感じておりましたが、
この独立設定が可能となったことにより大幅に利便性向上しました。
まぁ無理でしょうがRⅣもこうなって欲しいですね。


スポンサードリンク




カメラに負けないように精進します

f:id:Kyo_Ichikawa:20220403145551j:plain

とりあえず設定を終えただけなのでこのくらいしか書くことはできませんでした。
ひとまずは動画性能が大幅に向上してるので色々と覚えなくてはいけません。
4Kも60pで撮れるはピクチャープロフィル増えてるはなので今後のYoutubeへアップする動画も少しは良くなるかもしれません。
ともあれあとは実際に使って行くにつれ書いていこうかなと思います。
ついつい動画性能ばかりに注目してしまう機種ではありますが写真にも活用したいです。
特に高感度に優れる機種となれば星も…うーん気になる。


またこれに合わせて購入したものもありますのでそれもいずれか。
ひとまずカメラに負けぬように使い手も精進しなければですね。
ということでα7SⅢ、始めました。