フォトる?

写真を撮りに出かけよう

みんな気になるあのイベント「モンベルフレンドフェア」に出かけてきました

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105201914j:plain
登山を筆頭としたアウトドアアクティビティをされる方であれば必ず一度はお世話になるであろうブランド、モンベル
そんなモンベルが年に数回開く会員限定イベントが「モンベルフレンドフェア」です。
その名前は知ってるけど、どんなイベントなんだろうと気になっている方も少なくないのではないでしょうか?
ということで先日の横浜会場でのイベントに出かけてきましたのでご紹介です!



スポンサードリンク



みんな気になる「モンベルフレンドフェア」に出かけてきました。

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105222034j:plain

皆さんはモンベルをご存知でしょうか?
モンベルは1975年に創業した総合アウトドアブランド。
私の様に登山をされる方はもちろん、アウトドアアクティビティをされる方であれば必ず一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか?


そんなモンベルにはモンベルクラブ」というものがあります。
これは年会費1500円を支払うことで入会できる会員制サービスのことで、モンベル店舗で買い物した際にポイント還元を受けられり、オンラインストアでの買い物の際の送料無料サービス、またオリジナルカタログや会員誌の送付、モンベル主催イベントの優待やさらには全国の提携施設での割引などなど…様々な特典を受けられるサービスとなっています。


そんなモンベルが主催するイベントの一つにこのモンベルクラブ会員限定の「フレンドフェア」というイベントがあります。
これは年に2回ほど全国数カ所で大規模に行われるもの、アウトレット品の販売をはじめ特産品ブースや体験会などなど様々な催し物が行われるいわばモンベルのお祭りのようなイベントとなっています。
HPや会報誌、店舗などでその存在は知っていましたが具体的にどんななのかまでは私も知りませんでしたが、丁度会場近くまで出かける用事があったので少しお邪魔してきました。




横浜会場へ!

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105204257j:plain

ということでさわやか県から電車に揺られてやってきたのは横浜みなとみらい。
2018年はここみなとみらいにあるパシフィコ横浜が会場でした。
というよりも横浜会場は大体決まってここみたいです。




入場可能な条件とは?

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105204531j:plain

会場の入り口までやってきました。
ここで注意点が一つあります。
上にも書いた通り、このフレンドフェアはモンベルクラブ会員限定のイベントのため、基本的にはモンベルクラブ会員でなければ入場することが出来ません。
ただし会員と同伴の家族や友人であれば入場は可能となっています。
ちなみに人数の制限などの記載はありませんでした。


また入場時にはメンバーズカードの提示が求められます。
メンバーズカードを忘れてしまうと入場できないのでご注意を!


メンバーじゃないけど入場したいよ!って方は当日の入会も可能みたいなので安心です。
これから登山を始めようと思ってる方であれば損はないはず!
ポイント還元は大きいよ。
その分お金も出ていくんだけどね…




約3000坪の会場はイベントがたくさん!

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105205327j:plain

ということでいざ入場です。
しかしまぁ会場がとまぁ広いこと広いこと!
辺りを見回すと、いろんなイベントや催し物が至る所で行われていました。
さすがに全部はご紹介できないので今回は私が気になったものを紹介していきますね。


空くじなしの抽選会の景品は豪華!

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105205607j:plain

まずは入場ゲート横にある抽選会会場へと向かいました。


f:id:Kyo_Ichikawa:20181105205847j:plain

こちらでははずれなしの抽選会が行われています。
参加費はなんと無料!ただしカードを持つ会員のみ参加することが可能です


しかしながらその景品はかなり豪華。
モンベル製品はもちろん、全国にあるフレンドエリアやタウンの商品もありました。
中にはホテル一泊二日のペア宿泊券なんてものも…これは当てたい!
ちなみにモンベル製品での一等は皆さんご存知のレインウェア、ストームクルーザーです。
私も愛用してますがレインウェアとしてだけではなくハードシェル的にも使えるのでとても重宝してます!
そんな人気のストームクルーザーを無料で手にれられるかもしれないなんて太っ腹ですね。
はてさて、わたしが引き当てたものとは…?




f:id:Kyo_Ichikawa:20181105210901j:plain

ステッカーでした。
本数1600本なので参加賞的な感じなのかな。
どうやら年末の宝くじに備えて、本能的に運を使うのをセーブしたみたいです。


ちなみにこのステッカーは会場限定のものなんだそうです。
よく見たらロゴの下にはclub menbershipって書いてますね。
次は当てるぞ!


みんな気になるアウトレット会場へ

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105211130j:plain

続いては皆さん一番気になるであろうアウトレット会場へと向かいました。
私も欲しいものがあったので早く行きたかったのは内緒です。
入り口では子供が入りそうなくらいのお買い物バックを貸してくださるサービスもありました。
爆買いの危険性がありますのでご注意を。



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105211258j:plain

入り口すぐのところには登山靴コーナーがありました。
驚くのはこの数と長さ。
ちなみに写真は男性用コーナーで女性用はまた別にあるので実際にはこの2倍くらいの量がありました。



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105211615j:plain

ということで私も気になる靴を履いてみました。
通常の店舗同様登山用靴下の貸し出しや斜面・階段などのお試しロードも用意されていましたのでお店と変わらず試すことが可能です。
販売終了した在庫品の他、中には販売参考用サンプル品なんていうレアなものも!
運命の一足に出会えるかもしれませんね。



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105211927j:plain

またウェア関連は登山靴以上に豊富!
ハードシェルをはじめソフトシェルやインナーにレインウェア、はたまた靴下やらインナーまで。
この会場で一式揃うんじゃないの?といった感じです。



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105212104j:plain

ウェア以外にもギア類の販売もありました。
これからの時期に活躍しそうな冬用ギアもこの通りです。
ワカンやヘルメットにカジタックスの12本爪アイゼンもワンタッチ・セミワンタッチ等の種類もありいろいろと物色するのがとても楽しかったです。



気になるお値段ですが、大体ファクトリーアウトレット品と同程度の価格のものが多かったです。
正直特別安い!という印象はなくファクトリーアウトレット品を販売している店舗が近くにある方などはこの会場で無理して買わなくてもいいのかなと感じました。
ただしとにかく数が多かったのでいろいろと試してみたいという方にはいいのかもしれません。
また会場限定プライス製品なんてのも一部ありましたので見てみる価値はあるかも。


スポンサードリンク


お子様をアウトドアに目覚めさせる体験型アクティビティ達

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105212828j:plain

アウトレット会場を後にして再び会場内をうろうろしてみます。
会場内には体験型のイベントもありました。
こちらはお子様を対象にしたライミング体験のブース


f:id:Kyo_Ichikawa:20181105213006j:plain

周りで大人たちが見守る中、女の子がスイスイと登っていました。
高さもビルの2階くらいとそこまで低いというわけでもないのにひょいひょいと登っていきます。
すごい!
こんな小さいときからアウトドアに触れ合えると人生変わりそうですね。



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105213142j:plain

ライミングの他にもなんとカヌーを体験できるブースもありました。
モンベルってカヌーも商品にあるんですよね。
そんなモンベル製のカヌーを体験できるブースがこちらでした。
水深も浅いので転覆することもなさそうなので安心です。
私もやってみたかったのですが、大人が一人で乗っているとちょっと浮きそうだったのでやめました。
カヌーも浮いてて私も浮いてるなんつって。


このように普段一度はやってみたい!と思うような体験も気軽に試すことが出来ます。
またスタッフの方もきちんと見ていてくださるので安心感ありました。
我が子をアウトドアの道に目覚めさせたい親御さん必見です。



お腹がすいたら飲食ブースへ

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105213625j:plain

歩き回ってお腹がすいても大丈夫。
飲食ブースでお腹を満たすことが出来ます。


この飲食ブースにはモンベルプロデュースのカレー屋さん「スパイスマジック」や全国各地の美味しい食べ物が集合しています。
また売られているものもカレーや丼をはじめから揚げやポテトなど様々な種類のものが売られているので、がっつり食べたい方や小腹を満たしたい方どちらでも満足できるかと思います。



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105213918j:plain

そんな中でも私が気になったのがこの八戸沖前サバ串焼き
サバを串焼きにするなんて珍しいしおいしそうということでこちらを注文してみました。


f:id:Kyo_Ichikawa:20181105214020j:plain

目の前でこんがり焼いてくださった八戸沖前サバの串焼き。
厚みのあるサバを串にさして焼き、塩を振った状態で手渡してくれます。
これがまぁ美味しかった!サバ最高です。
でもこうなるとビールとか飲みたいよなぁ…


f:id:Kyo_Ichikawa:20181105214324j:plain

安心してください、飲めますよ。
飲食ブースでは地ビールや日本酒なんてのも売られていました。
飲み比べとかしてみるのも楽しいかもしれませんね。


ステージでは講演や演奏が、そしてまさかの…

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105214529j:plain

さて食事をすべくメインステージ方面へと移動します。
ステージ周辺には4人崖のイスとテーブルが用意されており、ステージでの催し物を楽しみながら食事することも可能です。
ちなみに持ち込みに関してもそこまで制限がないようでコンビニのおにぎりやパンなどを食べてるかたもいらっしゃいました。
席数もかなり多かったので比較的楽に座れるかと思います。


ステージでは丁度モンベル代表の辰野勇さんによる演奏が行われていました。
そういえばモンベルのお店で流れている「アウトワードコラム」という放送をご存知ですか?
実はこれ千葉のbayfmの番組内でで放送されているものなんだそうです。
その中で流れる笛の曲があるのですが、実はこれ辰野さん本人が吹かれているのだそうです。
またこのアウトワードコラム、実はPodcastで配信中なので気になる方は聞いてみるといいかも。
私も購読していて毎回楽しく聞かせていただいてます。


演奏最後になんと辰野さんから「手作りの笛を12本限定で販売します」とのアナウンスが。
えっ!私も欲しいぞ!ということで販売するというところへ向かいました。
人が賑わうなか買えるかなと思い列に並ぶとなんと私まで購入できるとのこと!
やったー!抽選会で運使わなくてよかった!



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105215802j:plain

私がドキドキしながら列に並ぶとそこには辰野さんのお姿が。
そのまま手渡していただけるのかと思いきや、辰野さんが軽くその場で吹いて穴の具合を調整までしてくださりました。
更に一本一本にサインも…!
私がお金をお支払いすると「これで夕飯が食べられる」と冗談までおっしゃっていました。
こういう場面に本当に弱い私はうまくお返しすることが出来ず非常に後悔…。
とはいえホントに気さくなお方でした。



f:id:Kyo_Ichikawa:20181105220301j:plain

さらにそのあと購入者を集めて吹き方のレクチャーまでしてくださりました。
なかなか難しかったですがいい機会なので私も練習してみたいと思います。
山で吹いたらかっこいいかもね。
ちなみに笛は破格の一本500円でした。
ありがとうございました!




その他、たくさんの出展団体のブースやテントの展示など盛りだくさんの内容

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105220514j:plain

会場を囲むようにあるブースでは沢山の団体が広報活動をされていました。
またここでも販売などがされていたり観光やアクティビティの案内などをされており、いろんな情報を収集することが出来ました。
次のお出かけの参考にもなるかもしれませんね。




f:id:Kyo_Ichikawa:20181105220834j:plain

またこのほかにもモンベル製品の展示などもありました。
特に盛況だったのがテントブース。
テントって展示されていないとなかなか見ることが出来ないのですが、ここではいろんな種類大きさが設営されていました。
皆さん中に入ったり熱心にお話を聞かれたりととても賑わっていましたよ。
私もステラリッジ1型用の白いフライシートをが欲しくなっちゃいました。


スポンサードリンク



ご家族連れならかなり楽しめるイベントかも

f:id:Kyo_Ichikawa:20181105221110j:plain

ということで今回はモンベルフレンドフェアに出かけてきました。
販売あり体験あり飲食ありの楽しいイベントでした。
我々のような登山好きはもちろん、ご家族連れでも楽しめるイベントなんじゃないかなと思います。
次回は来年春ごろまた行われるかと思いますので気になる方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?



そして今年は…

f:id:Kyo_Ichikawa:20181107052907j:plain

で、その帰り道に某登山用品店へ向かい手に入れたものは…
いよいよ挑戦です!