再び「Sony α7C」に合わせるレンズを考えるの巻

f:id:Kyo_Ichikawa:20210221054040j:plain

カメラネタです。
サブ機「Sony α7C」に合わせるレンズを追加したいと考えています。
そんな私の心の声をまとめてみました。






スポンサードリンク






α7Cに合わせるレンズを考えるの巻

f:id:Kyo_Ichikawa:20210221054112j:plain

以前からお話しているかとと思いますが、
サブ機であるSony α7Cに合わせるレンズについてあれこれと検討しています。
このサブ機は主に動画撮影用で、登山中に風景やら自身やらを撮影するのに使用したり、
またインターバル撮影によるタイムラプス撮影などに使用しています。
バリアングル液晶、超便利です。





f:id:Kyo_Ichikawa:20210221055452j:plain

当初、小型軽量な「SAMYANG AF18㎜ F2.8 FE」で行くぞ!と考えていたのですが、
いざ使ってみると「カリカリ…」という謎の音が発生しマイクで拾ってしまっていたり、
また雪山登山に出掛けた時など明るさがパカパカと変わり、
まるで点滅しているような状態になることがありました。
特に後者は後編集ではもうどうすることも出来ないこともあり、
次の候補を探しておこうと考えた次第です。





f:id:Kyo_Ichikawa:20210221053918j:plain

そんな先日、ソニーさまよりレンズをお借りする機会がありました。
お借りしたのは「Sony Vario-Tessar T FE 16-35mm f/4 ZA OSS 」
正直今までツァイスのレンズは存在は知ってはいたのですがあまり詳しくは知らず…
お送りいただき箱から取り出した時、まさにはじめましての状態でした。


いざ使ってみると…これがまぁよい感じ。
詳しくは割愛しますがツァイスの色やコントラスト、
さらに手振れ補正機能付きということで登山との相性はとてもよく感じました。
そのあたりについては下記の動画でご紹介していますので、
もしよろしければご覧ください。

www.youtube.com

地道にYoutubeも更新しております。
www.youtube.com


このレンズを使ってしまってから再びα7C用のレンズが気になり始めました。
ということでここはひとまず候補となるレンズをまとめてみます。




スポンサードリンク





2021年2月現在候補のみなさん

Sony Vario-Tessar T FE 16-35mm f/4 ZA OSS

f:id:Kyo_Ichikawa:20210221054318j:plain

まずは今回お借りした「Sony Vario-Tessar T FE 16-35mm f/4 ZA OSS」
今まで全くノーマークでしたが今回の件で急遽候補となりました。


16-35㎜までをカバーでき、おまけに手振れ補正機能付き、
それでいて重量は約500gということで登山などでは非常に重宝しそうです。
今回の動画撮影時はこれらを非常に体感することができました。
気になるのはF値、一応星が撮れたとはいうもののやはりちょっと暗めです。
α7Cは星撮りタイムラプス要員でもあるのでできればもう少し明るい方がよいとは思います。


とはいえこのレンズともう一本レンズを星撮り用として携行すれば、
昼夜それぞれの撮影もこなせるのではと考えています。
上のSAMYANGでもいいし「TAMRON 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2」なんてのもよさそう。
もしくは星を撮るとき「Sony FE 24㎜ F1.4 GM」を使ってもいいかもですね。
メイン機で使いたくなった時が困りますが…


こんな感じで昼間はツァイス、夜は小型単焦点と行けばツァイスのF値も関係ありません。
なんかよさそうですよねこの組み合わせ。
反面、携行品が増えるのは出来れば避けたいわけで…
やはり一本で済ませられた方がいいかもと思ったりする自分もいます。


ソニー FE 24mm F1.4 GM [SEL24F14GM]

ソニー FE 24mm F1.4 GM [SEL24F14GM]

  • メディア: エレクトロニクス




Sony FE 20mm F1.8 G

f:id:Kyo_Ichikawa:20210221054356j:plain

(やっぱレンズ本数は少ない方がいいかな…)
そんな風に思った時に再び候補として挙がったのが「Sony FE 20mm F1.8 G」です。
発売から約一年、一部ではGレンズの皮を被ったGMレンズともいわれるくらい写りに定評ある人気のレンズです。


20㎜という画角は動画撮影でもちょうどいい画角、
さらにF1.8という明るさは星撮りでも申し分ありません。
しかも重量はなんとまぁ驚きの約300g。
それでいて写りもいいとなるとなんかもうこれしかないような気がしなくもありません。


唯一気になるのは手振れ補正機能です。
写真であれば別にあってもなくてもいいと思うのですが、
動画となるとその有無は大分異なってきます。
後処理も少し時間かかるしこんにゃくみたいになることもあるのでできれば避けたいんですよね。
ツァイスでそのうま味を再認識してしまった今の私がはたしてこのレンズと仲良く出来るか…
この辺り非常に悩みどころです。




今後発売するであろうレンズ(16㎜ F1.8G?)

f:id:Kyo_Ichikawa:20210221054901p:plain
※画像はSEL24F14GM

とはいえ上の20㎜F1.8というのは散々評判がよいと分かっていたレンズなわけで…
今更素直に買うのもなんか微妙だし負けた気がします(へそまがり)。
だったら新しいレンズを…ということで噂段階ではありますが、
ソニーから発売される(らしい)16㎜の明るい単焦点レンズを待つのも手かなと思ってます。
噂では16㎜でF1.8、大きさも24㎜ F1.4 GMと同じくらいになるそう。


ホントにあくまでも噂の段階で出るかどうかもわかりませんが、
これがホントだったらすごくよさそうですよね。
ただし値段が果たしていくらになるのか…うーん高そうです。


スポンサードリンク



ひとまずは様子見ます

f:id:Kyo_Ichikawa:20210221055042j:plain

ダラダラと私の頭の中で思いついたことを書いただけの記事となってしまいました。
写真と動画、登山に星撮り、
これらを一本でまとめたいというのはさすがにわがまますぎるかなとは自分でも思います。
しかし完璧にすべてを網羅するものは見つからなくても、
一つくらい妥協すれば候補が見つかるあたりさすがFEマウント。
どこか妥協点を見つけて自身にあうレンズとであればと考えています。


やはり16㎜の動向が気になりますのでひとまず様子見かな。
CP+も近いことですし、目を光らせながら注視していきたいと思います。


しかしまぁレンズも欲しいけどプリンタも欲しいし…
物欲はホント尽きないですね。
これ終わりがあるのかな?

ソニー FE 24mm F1.4 GM [SEL24F14GM]

ソニー FE 24mm F1.4 GM [SEL24F14GM]

  • メディア: エレクトロニクス