ふぉ撮る。

写真を撮りに出かけるがテーマのブログ。フルサイズを担いで山にも登ります。

【Suunto】期待の新モデル「SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」レビュー!(開封編)

ライングゲット!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170829220719j:plain




先日、発売が発表されたSuuntoの新GPSウォッチ、
SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」
予告通り私も購入予約を済ませ、8/31の発売を楽しみにしていた所、
なんと29日に我が家に到着していました!
早速レビューです!




SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」がやってきた!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170829220750j:plain


自宅に帰ると怪しい真っ黒な箱が届いていました。
心当たりもなく、なんぞや?と思い宛名を見ると「SUUNTO」さんの文字が。
確かに公式オンラインストアで購入はしたけど…
いやいや、まだ発売日まで2日もあるし、何かの間違いだろう?
と思ったのですが、



f:id:Kyo_Ichikawa:20170829220822j:plain

中にはSUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR」が!
お早いご到着は大歓迎です!
ということで早速開封してみましょう!




開封しよう!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170829222725j:plain


改めて、今回購入したのはSUUNTO
「SPARTAN TRAINER WRIST HR」というモデル。


www.suunto.com




従来の「SPARTAN」シリーズとほぼ同等の性能を持ちながらも、
価格を抑えたという魅力的なモデルです。
詳細は以前記事を書かせていただきましたので、
よろしければそちらもご覧ください。

www.for-toru.com





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829220719j:plain

中蓋を開けると…出ました!
今回は無難な黒色をチョイス。
この下には充電器、国内保証書・国際保証書と日本語版取扱説明書が入っています。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829224535j:plain

充電はこのように時計の充電端子に挟み込むように行います。
反対側はUSB端子になっている為、モバイルバッテリーでも充電が可能です。
ただ、「TRAVERSE ALPHA」の時は数分で充電されなくなってしまったことがありました。
この辺りも試してみたいと思います。
またこのケーブルはPCとの同期にも使用します。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829220927j:plain

外観を見てみます。
今回選択したブラックはほんとに真っ黒です。
「TRAVERSE」シリーズとは違い、ベルトの取り外しが出来なくなっています。
また、すべてに本体と同色のシリコンベルトが付属します。
値段が約35,000円と時計としては比較的安価ではありますが、
質感はとても高いです。
パッケージ含め、値段以上の満足感は得られるのではないかなと思います。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829222819j:plain

通常の「SPARTAN」モデルと違いベゼルが46mmに小型化されているのが特徴のこちら。
よく見ると確かに小さくなっています。
…が、正直そこまで小型になったという印象は受けません。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829224408j:plain

「TRAVERSE ALPHA」を並べてみました。
…どうでしょう?
確かに小さいと言われれば小さいような…。
同じくらいといえば同じくらいのような…。
ただスリムな印象はありますね!
とはいえ、小さくなったとはいえど、
このサイズ感なので、女性の方はまだ大きいよ!と感じるかもしれません。
大きさが気になる方は購入前に一度現物確認をおススメ致します!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829222851j:plain

背面には充電用の接点の他に、
光学式心拍数計の姿が。
光学式の為、肌に直接触れている必要があります。
また、あまりにも心拍数が低いとうまく読み取れない為、
計測前に軽くウォーミングアップするといいそうです。
ちなみに、以前より発売されている心拍数計「Suunto Smart Sensor」ですが、
「SPARTAN TRAINER WRIST HR」でも使用可能だそうです。
やはり光学式では正確な心拍数をつかみづらいため、
精度を必要とする場合は胸に直接装着するSmart Sensorを使用することをおススメします。
(ちょっと高いのが難点ですが…)





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829224958j:plain

早速はめてみましょう。
まず驚いたのがその軽さ。
「SPARTAN TRAINER WRIST HR」の重量は55gしかありません。
腕につけていても全く違和感がありません。
「TRAVERSE ALPHA」は75gなので約20gと差はないように感じますが、
体感すると数値以上に感じます。
アクティビティ時などでも違和感なく集中できそうです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170829221041j:plain

付属のシリコンベルトはとても肌触りがいいです。
ナイロンベルトは見た目はいいのですが、
運動時は擦れたりしてしまい気になることもしばしば。
集中するならこちらのほうがいいかもしれません。
また、コマの数が細かくさまざまな腕の太さに対応可能です。




いかがでしたか?

f:id:Kyo_Ichikawa:20170829222819j:plain

ということで、まずは開封編と題し速足で紹介させていただきました。
GPSはもちろんカラー液晶、光学式心拍数計までも内蔵したモデルとは思えない、
その軽さに驚きました!
「TRAVERSE ALPHA」も十分軽いと思ったのですが、さらに軽いです!
また、相変わらずの質感の高さに安心しました。
次回は初期設定編をお送りしたいと思います!

それでは!