Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ふぉ撮る。

やりたいことをやるブログ。2017年の目標は槍ヶ岳登頂。

【登山】Theぼっち。北アルプス「燕岳」に登ってきました。#1

2016年 登山関係 Mountaineering

願の北アルプスへ。
f:id:Kyo_Ichikawa:20161019211818j:plain
www.for-toru.com
北アルプスは「燕岳」へ登ってきました。
今回の目的は燕岳登頂&稜線上にある燕山荘に宿泊すること。
そしてアルプスの素敵な風景を堪能しつつ、あわよくば星も撮りたい。
結果、今回の登山はいろいろな面で考えさせられる登山となりました。
そして新たなステージへ。



目次

 
 
 
 
 

いざ安曇野

f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212006j:plain
10/12(水)
仕事を定時にあがりサクッとカングーへ。
そのまま一路長野県は安曇野市へ向かいます。
当初、遊びながらのんびり向かおうと考えていたのですが、
山梨に入ったあたりからどうも体の具合がよろしくない。
のどが痛くてなんだかぼーっと…って風邪やん。
昼間はなんともなかったというのについていない。
ともあれとりあえずは目的地まで向かい車中泊
朝起きた時の体調次第で登るかどうかを判断することとしました。
途中で薬をがぶ飲みしたのは秘密です。
大体23:00前ごろ、中房温泉にある駐車場に到着。
この日はそのまま眠りにつきました。




登山開始

f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212039j:plain
あっという間に朝。
体調は薬のせいか若干頭がぼーっとする感じ。
ただ昨日よりだいぶよくはなりました。
これならいけそうと判断、朝食にカップヌードルを食べていざ出発。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212150j:plain
駐車場から歩くこと約10分。
登山道入り口付近に到着しました。
ここで登山届を提出します。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212228j:plain
自宅で事前に記入した登山届をポストにていしゅ…忘れました。
そんなときはネットで届けを出すことも可能です。
長野県の場合、登山道入り口にある看板にQRコードがありますので、
これを読み取り専用ページから必要事項を記入して送信します。
いざという時のために登山届は必ず出しましょうね。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212315j:plain
時刻は7:45。
標高1452mからスタートです。






f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212356j:plain
歩くこと30分で第一ベンチに到着。
唯一の水場がある休憩所です。
って歩き始めてすぐあるのでなかなか水場に降りることもないかと思いますが…。






f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212505j:plain
途中このようなものが見えてきます。
これは物資を運ぶためのロープウェーです。
中腹の「合戦小屋」までこれを使用して物資を運んでいるそうです。
合戦小屋から燕山荘は…人力なんだろうな。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212539j:plain
このあたりの標高だとあまり面白い風景もないので…
今回はどんどん行きます。
第二ベンチ通過です。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212618j:plain
そして第三ベンチ。
正直まったくきつくないです。
ちょっと拍子抜け。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019212703j:plain
いかした字体の看板が見えてきました。
ロープウェーの終点、合戦小屋です。
夏はスイカが食べれることで有名。
今年は…もう無理かな。




合戦小屋着

f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213236j:plain
歩くこと10分(多分)で到着。
小屋で働く女性の方から「お疲れ様でした~!」と声をかけていただきました。
思わずポカリ買っちまったぜ。
やさしさに飢えてるのかな。
ここでしばらく休憩をとります。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213310j:plain
朝はかなり肌寒かったのですが、日も出てきてちょうどよい気温になりました。
スイカなき今の季節のおすすめは「おしるこ」だそうです。
私はこしあんが好きなので今回は残念ながらスルー。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213412j:plain
先ほどのケーブルカー。
山の中にこういった人口建造物あるとなんかテンション上がるよね。
かっこいい。
このまま見ていると一日が終わりそうなので先へ進みます。




まもなく稜線へ。

f:id:Kyo_Ichikawa:20161019221440j:plain
合戦小屋を出てから30分くらいで森林限界を超えます。
日差しがあっつい。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213459j:plain
ふと見た先にありました「槍ヶ岳」。
本やネットでしか見たことがないこの風景にすでに感動です。
この瞬間も誰かが登らんとしているのかなと考えると胸が熱くなります。
来年は…いけるかな?





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213537j:plain
よーく見ると目的地の燕山荘が見えます。
あと少し。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213703j:plain
そして、ついに…





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213739j:plain
燕山荘へ到着!
お疲れさまでした。





f:id:Kyo_Ichikawa:20161019213830j:plain
標高は2708m。風が冷たいぜ!
目の前に広がるアルプスを堪能…する前に、
まずは燕山荘へチェックインすることにしました。





次回、燕山荘チェックイン~燕岳登頂編です。
f:id:Kyo_Ichikawa:20161019223627j:plain