Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ふぉ撮る。

写真を撮ることが好きな人が書いてるブログ。好物は山岳。

【登山】次はまたもや八ヶ岳「編笠山・西岳」へ。ターゲットは青年小屋!

風がいなくなったと思ったら、また台風。
どうなっちゃってるのやら…。

 

 

f:id:Kyo_Ichikawa:20160930212311j:plain

この週末、当初は「気になる某所」へ出かける予定だったのですが、
残念ながら土曜日はあいにくのお天気の様子。
折角出かけても、晴れていないと目的が達成できないため、
しかたなく来週へと延期することにしました。
しかしながら、どうも日曜日だけはぎりぎり外で遊べそうなお天気。
ということでまた山に登りに行きたいと思います。

カングー、出撃です。

 

 

目次

 

 

 

 

 

<今回の目的地>

f:id:Kyo_Ichikawa:20160930211426j:plain

今回の目的地も「八ヶ岳」です。
八ヶ岳って「富士山と背比べをして勝利、しかし富士山に蹴り飛ばされて八つの峰になった」という神話があるらしい。よくわからん。

ともあれ、八ヶ岳の数ある山の中でも、今回は南八ヶ岳に属する「編笠山」と「西岳」に登ってきます。

今回は前回置いてけぼりにしてしまった友人も参加の予定です。

 

 

 

<今回登る山>

今回登る予定の山はこちら。

 

1.「編笠山

編笠山は標高2524mの山。八ヶ岳中信高原国定公園に指定されています。

また、山梨百名山に選定されています。

編笠を伏せたような形に似ていることから、

この名前で呼ばれるようになったそうです。

 

 

2.「西岳」

西岳は標高2398m。上の編笠山のとなりに位置しています。

編笠山とは兄弟のような感じらしい。

登山道のほとんどが樹林帯の中で、正直あまり面白くはないそうです。

 

 

<今回の走破予定ルート>

今回は中央道「小淵沢インターチェンジから数キロのところにある、

「富士見高原リゾート」にて駐車。

その近くの登山道入口をスタートしまずは西岳へ。

登頂後、編笠山を目指しそこから出発地点へと戻る周回ルートを予定しています。

途中、激渋で有名な山小屋「青年小屋」に立ち寄る予定です。

こちらの山小屋、入口に「遠い飲み屋」の提灯がぶら下がっているという居酒屋ライクな山小屋だそうです。どうもボトルキープができるらしい。

私は車なので飲めませんが…雰囲気だけでも楽しめたらなぁと考えてます。

ちなみに青年小屋からさらに権現岳へと進むことも可能なのですが、

西岳~権現岳編笠山となると10時間コースとなるらしいので今回は見送りました。ヘタレです。

 

 

 

 

<今回の撮影ターゲット>

f:id:Kyo_Ichikawa:20160930210801p:plain


そして、今回狙う撮影構図はこちら。
権現岳をバックにした青年小屋」

上の写真の手前に青年小屋があるらしい。

この二つを上手く入れれればなかなか良さそうな写真が撮れるんじゃないかな?なんて考えてます。

ここは7-14mm f2.8 Proの出番かな。

 

 

標高の高い山ではすでに紅葉が始まっているようです。

今年はこの季節なのに雨が多かったり、気温が高かったりと季節感を感じることができていないように感じます。

普段感じることのできない季節感を自然に教えてもらうべく、

うっすらと色ずく山を満喫してきたいと思います。

 それでは、安全第一にいってまいります。