フォトる?

写真や登山やその他あれこれ

【号外】Leofotoの雲台「LH-25」がAmazonでバーゲンプライス!

f:id:Kyo_Ichikawa:20180809055300j:plain


号外的な記事になりますが、
タイトルの通りLeofoto(レオフォト)の雲台「LH-25」が(8/9 5:50現在)お買い得価格で販売されています。

※2018/08/10現在、残念ながら売り切れとなってしまったようです。

それでもAmazonでの販売価格は定価の半額以下となっているためお買い得かも。

LH-25 自由雲台

LH-25 自由雲台



Leofotoとは?

Leofotoについては以前がっつりと記事にしてみたのでよろしければこちらをご覧ください。

www.for-toru.com




自由雲台LH-25とは?


f:id:Kyo_Ichikawa:20180809062434j:plain

Leofotoの雲台「LH-25」はコンパクトな自由雲台です。
重さはなんと172g、高さも67mmととても小さく、
持ち出しても邪魔になりません、。
しかしながら耐荷重は6kgとフルサイズのカメラにも使用することが可能となっています。
さらにクランプ部は小さいながらもアルカスイスに対応、
この雲台をつかうことで簡単にアルカスイス互換化することが可能です。





f:id:Kyo_Ichikawa:20180809061851j:plain

また取り付けねじピッチはUNC3/8″-16を使用しています。
これはマンフロットの三脚と互換性があるためそのまま取り付けることが可能です。
もちろん「Manfrotto Befree」への取り付けも可能なので、
雲台に不満がある方やアルカスイス化したい方におススメの雲台となっています。




使用感は?

f:id:Kyo_Ichikawa:20180809060122j:plain

実際私も登山に出掛けた際にこの雲台と「LS-223C」という三脚の組み合わせで使用しましたが、
フルサイズ一眼レフを載せても問題なく使用することが可能でした。
また以前もお話した通りLeofotoの製品は金属パーツを多用しておりその質感はなかなか高く、
可動部の動きもスムーズで意のままに気持ちよく操作することが出来ました。
フルサイズでこの使用感ですのでそれより小さなサイズのカメラであれば全く問題なく使用できるのではないかと思います。
この雲台とLS-223Cについてはもう少し詳しく書きたいのですが取り急ぎ号外ということで…




気になる価格は?

そんなこちらの雲台、正規代理店の販売価格は18,000円。
Amazonで探しても大体1万円前後かなといったところでしたが…



f:id:Kyo_Ichikawa:20180809062700p:plain

なんと2980円という驚きのプライス。
並行輸入するよりもお安くなっています。
どうやらこちらのお店のみの価格のようなので下記リンク先より価格をご確認ください。
(2018/08/09 5:00現在)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B079FN29B4www.amazon.co.jp




注意しなければならないのはマーケットプレイスからの出品ということと、到着日は来週以降となる点です。
この週末のお出かけには間に合わないませんがそれでもこの価格は魅力的です。
私も目を疑いながらも思わず注文してしまいました。




レオフォトに触れるチャンス

f:id:Kyo_Ichikawa:20180809062156j:plain


ということであまりにもお買い得だったため急きょ紹介のブログを書いてみました。
あのクォリティでこの値段、数量も限りあると思われますので気になっていた方はこの機会にぜひLeofotoの製品に触れてみてはいかがでしょうか?
ホントにお買い得だと思いますよ。



https://www.amazon.co.jp/gp/product/B079FN29B4www.amazon.co.jp