ふぉ撮る。

写真を撮りに出かけるがテーマのブログ。フルサイズを担いで山にも登ります。

【登山】山でのごはんに「マルちゃん 味の一品 ご飯シリーズ」が意外といいかも。

いしーな!
f:id:Kyo_Ichikawa:20170729133558j:plain



梅雨も明けていよいよ夏山シーズン開幕!
新レンズも導入しいざ山へ!
…という気持ちとは裏腹に、天気が良くありません。
計画は立てているもののなかなか実行に移せず、
悶々とした日々を送っております。
しかしまぁ、行けないものはしょうがないということで、
次回の登山に生かせるようにとあれこれ見直してみることにしました。


山での食事問題。

DSC_5416

その中の一つが「食事問題」。
皆さま、登山時の食事はどうされてますか?
インスタント食品で済ませる方、
調理器具や食材を持参して凝った料理をされる方など様々ですよね。
私の中ではレンズに続き悩まされる問題の一つです。
八ヶ岳開山祭の時、
赤岳山頂でジビエ肉を使って焼肉していた方々がいて、
片付けとかいろいろすごいなーと思った記憶があります。
楽しみ方は人それぞれ、いろいろと挑戦してみたいなとは思うんですけどね。

そんな私の登山めしはというと、
大体インスタントです。
山でホカホカご飯を!と思いメスティンも購入したのですが、
実際のところあまり持って行っていません。
やはり少しでもおいしいものを食べたいなぁとは思うのですが…
いかんせんカメラやレンズが重くて余裕がないのです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170729172413j:plain

山小屋がある場合はお昼ご飯に利用したりもするんですが、
ない場合は三食インスタントラーメンなんて時もしばしば。
最近は安くて軽い袋めんを持って行ってコッヘルで調理して食べることが多いです。
でも…ちょっと飽きてしまいました。
味を変えても基本的には変わらないものね…。
また、今後は縦走も検討しているため、
もう少し量もカロリーも取っておきたい。

なんというか、




ヤマザキ もう一品ほしいな!テレビcm

もう一品ほしいなぁ!もう一品欲しいなぁ~!欲しうぃぃぃんなぁ~!!
みたいな。



…ということで、
・あまり重量が重くない
・おいしそう
・安価

なものが何かないかと近所のスーパーを物色してきました。


「マルちゃん 味の一品ごはんシリーズ」を知ってるかい?

f:id:Kyo_Ichikawa:20170729133558j:plain
そこで見つけたのがこちら。
マルちゃん味の一品シリーズ「ごはん」。
赤いきつねでおなじみの、
マルちゃんこと東洋水産さんから発売されてます。
お味は、白いごはん、五目釜めし、お赤飯の三種類用意されてます。
どれもおいしそうですね。
お値段も1パック98円とお手頃価格でした。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170729154554j:plain

一食ごと真空パックされているタイプ。
容量170gは大体ごはん茶碗一杯分くらいですね。
気になるエネルギー量はなんと297kcal!
いい感じです!



食べてみよう!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170729154736j:plain

早速、食べてみることにします。
今回は五目釜めし味をチョイス。
人参・ごぼうに椎茸や油揚げが入っているとのこと。
おいしそうですね!




f:id:Kyo_Ichikawa:20170729154929j:plain

調理方法はふた通り。
1.電子レンジで2分間加熱
2.湯煎で12分間加熱

山での調理前提なので2の方法で調理してみます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170729155104j:plain

コッヘルに水を入れて加熱、
沸騰するまで待ちます。
お水は450mℓ入れました。



f:id:Kyo_Ichikawa:20170729155202j:plain

沸騰してきたところで、いよいよ五目釜めしを投入します。
投入前に少しほぐしてあげるとよさそうです。
あとはしばらく見守ります。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170729155354j:plain

途中で全体が温まるようにひっくり返してあげました。
コッヘルの形によっては工夫が必要ですね。
ちなみに私が使用しているコッヘルは、

スノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008

スノーピーク(snow peak) トレック900 SCS-008

SnowPeakのトレック900(アルミ)です。
かれこれ3年目になりますが特に不満なく使えてます。
値段も安いので初めての方にはおススメです。




食べてみよう!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170729162036j:plain

12分後、完成しました!
早速食べてみましょう!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170729162243j:plain

封を切ってみました。
この状態で食べれば片付けもらくちんだしいいかもですね。
中が気になりますので今回は袋から出してみます。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170729162515j:plain

いよいよお披露目!こちらが中身です!
思ったよりもおいしそうですね!






f:id:Kyo_Ichikawa:20170729162904j:plain

椎茸もこの通りばっちり入ってます。
さてさてお味はというと…?

美味しーなー!

いやはや、おいしいです!
味付けはまさに釜めし。
口に入れると鳥の風味が広がり、味加減もばっちりです。
また小さいながらも具材も入っており、
釜めし感を感じることが出来ます。

お米はうるち米を使用しており、ちょっとモチモチ。
釜めしというよりもおこわに近いかも…。
おこわ好きの私としては高得点でした。

湯せんするだけでこの味を楽しめるなら、
なかなかよいのではと感じます。




残り湯でもう一品!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170729164046j:plain

登山時の水は大変貴重です。
一滴たりとも無駄にはできません。
今回湯煎した残り湯もきちんと最後まで使用します。



f:id:Kyo_Ichikawa:20170729163714j:plain

ということでカレーうどんを用意して…



f:id:Kyo_Ichikawa:20170729164220j:plain

調理します。
これなら無駄にすることなくすべておいしくいただけます。
ごちそうさまでした!




いかがでしたか?

f:id:Kyo_Ichikawa:20170729164908j:plain

ということで今回は山でよさげなごはんをご紹介しました。
今まで使用していた量のお水で二食も食べれるとあればこれはお得ですね。
さらにお腹も膨れ、味もおいしく大変満足です!

難点を上げるとするならば、加熱時間ぐらいでしょうか。
ガスの使用量を考えるともう少し時短できればいいなと思いました。

登山といえばα米が思い出されますが…
口に合わないという方もいらっしゃるかと思います。
やはり食事は少しでもおいしく食べたいですよね。
こちらの商品は普通のお米と遜色なく食べれるので、
気になる方はぜひ食べてみてくださいね!

私はかなり気に入ったので、
次の山行に持参してみるつもりです。

それでは!



マルちゃん 味の一品 ごはん 170g×10個

マルちゃん 味の一品 ごはん 170g×10個

味の一品赤飯 170g*10食

味の一品赤飯 170g*10食