ふぉ撮る。

写真を撮りに出かけるがテーマのブログ。フルサイズを担いで山にも登ります。

【撮影機材】TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)を購入しました。

りあえずのズームに最適。
f:id:Kyo_Ichikawa:20170228214008j:plain

お値段以上な性能でコストパフォーマンス高し。
そんな望遠ズームレンズを購入してみました。










移行して約4か月経過しました

昨年11月にオリンパスからNikonに移行した私。
早いものでかれこれ約4ヶ月が経ちました。
操作にはなれましたが大きさにはなれず。
とにかくでかいです。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170313202850j:plain

しかしさすがフルサイズ。
きちんと設定さえすればばしっと決めてくださいます。
ここぞという瞬間に全力で挑むことができる、まさに理想通りの一台です。
まだまだ付き合いは浅いですがなにやら長い付き合いになりそうな予感。
カメラに負けぬよう練習あるのみです。
しかし、とにかくでかい。






しかしまぁ、どんなカメラであれ肝心なのは「レンズ」であります。
そんな現在の手持ちレンズはというと…?



f:id:Kyo_Ichikawa:20170228060135j:plain

まずはこちら。
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)」
初めてのタムロンレンズ。
星撮りにも使える明るい超広角レンズが欲しくてフルサイズ移行後すぐに購入しました。
あの超高評価でおなじみのNikon大三元レンズの一つ、
「14-24mm f2.8」も最後の最後まで悩んだのですが、
約24万円もするレンズを山にも持っていくのはちょっと怖いかなと…。
それならお安くかつ手振れ補正もついているタムロンレンズでいいのではと考えこちらを購入しました。
とはいえ、こちらも約10万円とけっして安くはないですね。
そして重量が1.1㎏もあるのでなかなか山に持っていく気にならないのが難点。



f:id:Kyo_Ichikawa:20170228060111j:plain

そしてこれ。
「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」
D810レンズキットに付属していた標準ズームレンズ。
24-120mmが守備範囲なオールラウンダーレンズ。
散歩やら山やらに出かける際はこれを付けていることが多いです。



以上2本です。


いやね、欲しいものはたくさんあるんですよそりゃ。
ただMFTと違ってフルサイズはどれも高い!
今年はテン泊デビューを目論んでおる私、
ちょこちょことギアを買い足したりしている為
なかなかレンズに回すことができておりません。


また、ほぼ見たままの風景を撮影するのが好きな私。
そのため望遠領域は標準ズームの120mm域までしかカバーしておりませんでした。
まあ暫くはいいかなーなんて思っていたのです、いたのですが…





f:id:Kyo_Ichikawa:20170221061035j:plain

先月、某無人島に観光に出かけた際に乗った船でカモメを撮影したときとか…




f:id:Kyo_Ichikawa:20170313202025j:plain

ふらっと出かけた山中湖で白鳥を撮影したときとか…




思っちゃったんですよね、
「もっと寄ってみたい」って。
さすがに120mmまでは守備範囲狭すぎですね。
しかし、先述の通りそこまで望遠領域の使用頻度が高いわけでもないからあまりお金をかけたくない。
お手頃価格でそれなりに使用できる…こんなわがままな要望を満たすレンズはないものか…






TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)を買った

f:id:Kyo_Ichikawa:20170227233938j:plain

そんなこんなでネットの海をさまよっていた時に見つけてしまったのがタイトルのこちら。
なかなか評判がよさげ、かつお手頃な値段だったので思わず購入してしまいました。
タムロン箱の色使いは結構好み。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170228214709j:plain

今回購入したレンズ、
実は2月にリニューアルというか、マイナーチェンジしたばかりだそうです。


前モデルはというとこちら。
f:id:Kyo_Ichikawa:20170316185751j:plain



このレンズ、なんでもタムロン60周年を記念のモデルなんだそうです。
その割にはお値段がかなりお手頃なのでお得感ありますね。
各所のレビューを見ると、かなり高評価な様子。
コストパフォーマンスは抜群みたいです。
そのモデルがさらにマイナーチェンジしたとなると…
気になっちゃいますよね。

今回のマイナーチェンジの内容としては、
•手ぶれ補正強化
•コーティング強化
•一部デザイン変更
の様子。

手ぶれ補正は前モデルでもかなりの高評価だったのでそこから強化されてるとなると期待が膨らみます。
サクッと見ていくことにしましょう。



f:id:Kyo_Ichikawa:20170228215010j:plain

フィルター経は62㎜。
大きくもなく小さくもない普通サイズ。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170228215102j:plain

花形フードはなんとも長いものが付属します。
望遠レンズっぽいですね。
って望遠レンズでしたね。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170228215204j:plain

このレンズとフードをつけると…それなりの望遠レンズに見えなくもない?
未使用時に逆取り付けをするとズームが出来なくなりますのでご注意ください。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170228215215j:plain

外観の変更点はこちらのラインの色。
リニューアルモデルのだとこれがチタンシルバーになります。
これの部分が変わるだけで大分印象が違います。
実は私、安くなった旧モデルを買いに出かけたのですが、
やはりあのゴールドラインが好きになれず…。
気がついたらリニューアルモデルを購入してしまっておりました。
ただでさえレンズ自体、若干お安め感があるのにこのゴールドラインだと…
その代わり、旧モデルは新型より更に1万円ほど安く買えます。
う~ん、これは悩みどころですね。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170228215226j:plain

f値は、f4からf5.6となってますのでズームするとレンズが伸びます。
まずは広角端。
レンズ単体なら大したことありませんが花形フードつけるとそれなりの長さになります。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170228215234j:plain

そして望遠端にした状態がこちら。
なっ長い…。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170228215244j:plain

ともあれ、急遽望遠レンズを手に入れた私。
はてさて使い心地、性能はは一体!?
次回、実際に外へ連れ出してみます!