ふぉ撮る。

写真を撮りに出かけるがテーマのブログ。フルサイズを担いで山にも登ります。

【E-M5 markII】クラシックレンズ「OM G.ZUIKO AUTO-W 28mm F3.5」 と散歩してきた。

っかり忘れていたこの子の存在。
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626172827j:plain
kawamemo.hateblo.jp
そんなわけでちょっくら近所を散歩してきました。
以下すべて「OM G.ZUIKO AUTO-W 28mm F3.5」にて撮影してます。


【買ったはいいけど…】

早いものでもうすぐ7月、暑いですね。
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626182006j:plain
久しぶりに引っ張り出したこのレンズ。
結論から言うと、想像していたよりもきれいに撮れます。
というよりも普通に使える普通のレンズです。



クラシックレンズ=少しレトロな感じに撮れるかな?と勝手に思っていたのですが、
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626181923j:plain
普通。
私の目にはほかのレンズたちとの画質的な差はわかりませんでした。



ただ見た目はすごくいいですね。
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626174004j:plain
このレンズを付けた状態で肩から下げてふらふら歩いていると、
「それはフィルムのカメラですか?」と何度か声をかけられました。



28mm=換算46mmの単焦点
普段多用している7-14mmと比べてしまうと…やはり自分はもう少し広角が好きです。
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626174400j:plain
近接撮影もあまり寄れません。
もう少し寄りたい、そんなときは…



デジタルテレコンを使用するのも手です。
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626174608j:plain
倍率×2になりますので、それっぽく撮れます。
この辺がミラーレスの良いところ。



そういえばたまに、他の撮影者さんがいるところで撮影していると、
「ミラーレスなんて」とか「あれは遊びだから」なんて馬鹿にされる時があります。
…みんなで楽しく撮ればいいのにね。
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626175041j:plain
私は自分が気に入ったもので撮影したいと考えてますので、これからもOM-Dを使い続けたいと思います。
ライブコンポジットでの星撮りのあのワクワク感と楽しさは忘れられません。



絞り、ピント調整はすべてマニュアルとなりますが、
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626175530j:plain
フォーカスピーキングや拡大機能を利用すれば安心。
OM-Dシリーズはボディ内手ぶれ補正の為、補正も効かせてくれます。
やるじゃん、OM-D。



というわけで普通に使えるこのレンズ。
f:id:Kyo_Ichikawa:20160626181629j:plain
私的にはもう少し広角が欲しいので…出番は少なそうですが、
手軽にクラシックな操作や雰囲気を楽しめるので、手元に置いておこうかなと思います。
変換アダプタも問題なく普通に使えてます。



【最近の気になる】

最近段々と値下がりしているこれ。忘れてないよ!
ただ今ヨドバシカメラでの価格が約29000円となっております。
http://image.yodobashi.com/product/100/000/001/002/142/390/100000001002142390_10204.jpg?_ga=1.53406127.666618635.1458914610
丁度ヨドバシカメラのポイント5000円分くらいあるので…24000円!よっしゃそろそろ行くか!
と注文手続きするも、なんとポイントカードの登録してませんでした。
ネット注文で使えるようにするにはお店でコードを入手しないといけないのね。
って結局来店しないといけないじゃん…。
というわけで、私の代わりにお使いしてくださる方、募集中です。